毛穴ケアと言われるものを、あなたはどのように理解しているでしょうか。

角栓の詰まりがなくて、皮脂をちゃんと外に出せる場合には、お肌トータルに皮脂のうるおい感が行きわたります。

このような皮脂も、自分で分泌できるパワーが必須です。

豊かなうるおい感というのは、角層のバリア機能の増強になって、このことはお肌の健やかにおいては何と言っても大事です。

健やかなお肌の最重要因子というのは健やかな毛穴という訳です。今日は、そういった毛穴のケアに関してお伝えします。

毛穴はなぜ開くの?

毛穴というのは顔のみでも約20万個はあるとのことです。

さらに、顔においては産毛が伸びる「軟毛性毛包」、毛髪というものを生やす「終毛性毛包」というような毛穴がありますけれど、私たちを困らせる毛穴というのは皮脂をたっぷりと生み出す「脂腺性毛包」になります。

「軟毛性毛包」と「終毛性毛包」というのは、毛にセットして古い角質がフケが生じて出ていくから、毛穴というのは目詰まりしづらいでしょう

が、「脂腺性毛包」に関しては毛が短くさほど生えそろわないうえに、皮脂腺が進展しているから、毛穴が詰まりがちになってしまいます。

ということから、この皮脂毛穴に関しては汚れが溜まりがちにポツンポツンと目立ちがちになってしまいます。

毛穴が詰まると皮脂が外に出て来ず皮脂膜をうまく作れないため「オイリー肌だというのにカサつく、突っ張る」「お肌にハリが一切無い」といったトラブルを引きおこしていきます。

たるみ毛穴はエイジングの証し?

エイジングケア年齢がとりわけ悩みを抱く点は、たるみ毛穴ではありませんか。

毛穴がたるむと、丸い毛穴より細長い毛穴に変わっていくと考えます。

とりわけ鼻の横の頬の毛穴が楕円形となるといった状態が継続したら、たるみ毛穴に気を付けるべきケースです。

このことは毛穴というより、毛穴を含むお肌全体の老朽化と判断するほうがいいでしょう。

たるみ毛穴の原因とは? 

普通なら、毛穴というのは弾力性をあわせ持った真皮層にカチッと押されて小さく締まっていて、このことが毛穴のボツボツゼロの望んでいる状況です。

しかしながら、真皮層の弾力性というのは加齢と同時にダウンし、毛穴はゆるみ、出入り口も大きく開いていくでしょう。

このようなゆるんだ毛穴が筋肉や皮下脂肪が下落していくことにより、より一層下方向へ引っ張られてしまうのです

それこそがたるみ毛穴です。

30代半ばになると、老齢化やこれまで浴びてきた日光の紫外線ダメージにより、弾力性を生じさせるコラーゲンやエラスチンが少なくなり、それらの質もダウンしていくと思われます。

さらに、新しいコラーゲンやエラスチンを作る母細胞の作用も弱まっていくでしょう。

合わせてお肌の奥深い所で筋肉が弱まり、皮下脂肪が減少し、顔そのもののたるみも起きているというわけです。

さらには、たるみ毛穴に大きな影響を与えるというのがお肌のしっとり感になります。

お肌の表面がしっとりしているなら、それだけでなめらかに映って、毛穴もうまくカモフラージュされると考えます。

その反対に乾燥しているとシワが目立ち、毛穴も大きく拡大して見えるのです。

毛穴を引き締めるにはどうしたらいい?

とりあえずは老化予防ケアに力を集中し、コラーゲンが産出される事をサポートするビタミンC、新陳代謝を改善するレチノール、グリコール酸、細胞分裂を活発化させるヒト成長因子というものを取り入れたいものです。

さらに、そういったコスメが浸透しやすい様に、古い角質を取りのぞくといったことも欠かさずやり抜きます。

仮にお風呂に入った時、お肌を水蒸気でふやかしつつ、気にかかるパーツを軽く指でこすります。

約30秒くらいで、垢すりみたいにボロボロと生み出されると思われます。

古い角質が蓄積しやすいっていうのは、鼻周辺、おでこ、あご、頬の上、ほうれい線などが挙げられます。

何としても片側の指でお肌を押さえ、お肌を大きく動かさないようにしてください。

まとめ

毛穴トラブルというのは、女の人の肌トラブルに関しても一番と言えるでございます。

毛穴自体が、言うまでもなく気にはなると考えますが、毛穴を綺麗にすることこそがお肌全体を可愛くさせるという事をふたたび把握することが必要不可欠です。

ライフスタイルの理由により毛穴が目立ってくることも考えられます。

バランスを崩した日々の生活や禁煙に関しては、ホルモンバランスがくずれて毛穴の開きを助長します。

日やけによってお肌の弾力性やハリがなくなって、たるみ毛穴を発生させます。スキンケアのみに依存せず、身体の内側から手当してみましょう!