カリカリ(ドライフード)や缶詰、何種類ものおやつ。

多様な猫のエサがあるけど、猫のカラダからすれば、どんな物をどれくらい食べるのが一番いいのでしょう?  

猫の適正な食事内容と食事習慣に関しまして、お伝えしていきたいと思います。

猫のエサの「適正量」とは?

猫ちゃんのエサというのは、どの程度の量を与えることがふさわしいんでしょうか?  

実際の体つきが適正であったならば、与えているフードのパッケージに載せてある量とカロリーを基準に与えるのが一番いいと思います

食べる事が大好きな猫や少食の猫の際は、量を調整しても良いでしょうか?  

与えた量を即座に食べ終えてしまって、さらに欲しがったにせよ、追加で与えることはないのです。

基本的に、適正量、きちんとしたカロリーに従ってくださいませ。  

今一つエサを摂らないケースだと、より好みをしているだけのことであったならば置いておけばごく自然に口にしますし、食が細いのならば、エサのタイプを切り替えて食べやすいタイプを意識してやることだってOKです。  

ただし、ただ単に少食だと考えていたら実のところ胃腸炎といった病気だった……というケースも見られます。

極めて食べなかったり、下痢をしていたり、体重が落ちてしまう場合は診察が必須です。

ドライフードとウェットフード?どのように使い分ける?

一日あたりの摂取カロリーがキープされているのであれば、いずれも問題ありません

しかし、ウェットフードというのは水分が多くなっているから、いまひとつ水を飲まない猫や泌尿器系の病気を抱える猫においてはいいと思います。  

さらに水分が多いウェットフードというのは、ボリュームと比べカロリーが押さえられているから、食べたという満足感が見られます。

すぐにお腹が空いてしまう猫にとっては、ウェットフードが適しているかも知れません。

おやつはどれをあげようか迷ってしまいます。

乾燥フードしか摂らない猫もいれば、ウェットが好きな猫もいるのです。これについては、猫の好きなもので差し支えありません。  

気を配ってもらいたいのは、ドライでもウェットだとしても、「総合栄養食」を与えることが重要です。

総合栄養食というのは、人間にたとえると「定食」と一緒で、そのエサと水だけで猫が健康をキープできるフードになります。  

総合栄養食を食べているのであれば、バランスのとれた栄養素が摂取できます

ドライでもウェットでも、例外なくパッケージに表記されていますから、買う時はチェックしてみましょう。

「一般食」と記載されているエサってなに?

一般食というのは、人間にたとえると「おかず」みたいなもので、これのみだと栄養状態というのは良くありません。

一般食を与えるつもりなら、その分だけカロリーを総合栄養食から少なくすることが必要ですので、与えすぎについてはお気を付けください。

猫の食事は1日4~6回に分けて!

猫というのは一回でいっぱい食べるというよりも、チョコチョコ食して小腹を満足させる動物なのです。  

ドライフードだったり、置いても傷まないものであるのなら、すぐに下げずに放置しておいても良いでしょう。

猫の食事は、1日何食?

猫というのは犬みたいに1日2食に決めるというよりも1日に外せない摂取カロリーを4~6回に分配して与えることが良いのです。  

食事の頻度が少ないと、空腹の時間が長くなってお腹が空き過ぎてしまいますので、たくさんの量を与えても「足りない!」ってお替わりをリクエストしたりするものです。  

ちょっとずつ何回かに分けて食べているとすれば常に小腹が満たされていますから、食べ過ぎることもないのです。  

出せば出すだけ口にしてしまう猫においては、例えばボール状で転がすとドライフードが出てくるような入れものや、タイマー式の給餌器を活用するとか、食い過ぎないような調整をしてください。

猫の年齢に合わせてエサを変えたほうが良い?

年齢別のエサを与えている飼い主さんに関しては、年齢に従って交換して行った方がベターです。

その一方、トータルの年齢の猫用といったフードも存在します。  

エサのタイプを変更するときは、一度に交換してしまうと食べなかったり、消化不良を生じさせてしまう可能性がありますから、ちょっとずつブレンドして、少しずつチェンジしていくことがOKです。

太ってしまった猫はダイエットが必要?

適正体重というのは骨格が違えば異なるから、一言ではお伝えできません。  

猫において最善の体型というのは、ウエストにくびれがあって、皮下脂肪の下に肋骨が触れて、横から見てお腹がたるんでいない状態にあります。

実際は、今の体重においての適正カロリーではなしに、「適正体重においての適正カロリー」を与えることが必要になります。

しかしながら食事量が一気に少なくなると肝臓に負荷が掛かり危険を伴います。

それに伴って、かかりつけの獣医さんとしっかりと相談し、食事量や、月々どのぐらいずつダイエットすることを心掛けるかなどを相談して、支障なくすすめたほうがいいでしょう。

手作りのエサは与えても良いの?

一般的な総合栄養食に、トッピングくらいに与えるのならばとりわけ支障はありませんが、猫のエサを全部手作りすることは、栄養学の知識がある方でなければ相当困難であるといえます。  

猫というのは肉食動物になります。われわれ人間が口にする「肉」というのは筋肉の部分です。

しかし、肉食動物に適した「肉」には内臓や血液もセットになっていて、草食動物の胃の内容物や血液というものを全部合せて体に取り込むことによって、栄養状態をキープしてるのです。  

それを茹でたササミと野菜で代用することは、極めて無理があることだと言えます。  

添加物や保存料が不安、愛情をかけてやりたい、新鮮なタイプを食べさせてやりたい、とか色んな考えから、手作り食を与えていらっしゃる飼い主さんもいることでしょう。  

そのようなケースでは、周期的に血液検査が含まれた健康診断を利用して、健康がキープできているかそうでないのかを把握することだって重要なのです。

猫にとって「危険」な食べ物とは?

誰もが知っているものは、チョコレート、ネギ類と言えますね。

これとは別にアルコール、カフェインなどに対しても気をつける必要があります。  

さらに、ドラッグストアで販売されているような人間に適した鎮痛剤の誤飲なんかも非常に危険を伴います。  

それ以外は、ブドウ、ナッツ類、昨今ニュースで報じられたアボカドなんかもあるけれど、これらについては、基本的に「食べた後で症状が現れた事があった」という話なので、個体差によるところも多いと思います。  

「猫の大好物と言ったら魚」というようなイメージを持っていますが、煮干なんかは塩気が強いから、出来る限りやりすぎない方がいいと考えられます。  

さらに、マグロとか大型の魚というのは水銀の混入量も多いために、頻繁にマグロだけを与えるのだって良くありません。