花粉症時季に発生するお肌の炎症「花粉皮膚炎」、あなた自身対応しているのでしょうか?

花粉皮膚炎とは?

春の季節というのは1年の間でも花粉の飛散種・飛散量が多い時期。

この花粉がきっかけとなってカラダがアレルギー反応を発症させることが原因で、目をこすったり鼻を四六時中かんだりといった摩擦行為をやってしまって、「花粉皮膚炎」に変化します。

とりわけ4~5月というのは、天候や外気温変化が際立つので乾燥しがち。

さらに、3月頃からは紫外線量も増えて来ますので、お肌へのダメージが出てくるのです。

その結果、皮膚のバリア機能が下降しがちに、「花粉皮膚炎」を一段と生じやすいタイミングだと思われます。

症状として、顔全体がムズムズする、顔が腫れぼったい、お肌が乾いて粉っぽくなるなどで、「花粉皮膚炎」というのは危険な肌荒れというわけです。

こんな方は「花粉皮膚炎」かも?

花粉皮膚炎というのはお肌のバリア機能の悪化、炎症(赤みや粉吹き)が生じている状況です。

このような症状がみられる方は花粉皮膚炎である可能性もあります。

・目の周り・鼻の周りといったお肌の色が別の場所と異なる
・ニキビみたいな赤い微小なボツボツ(湿疹)が発生している
・マスクがお肌とこすれるポイントがヒリヒリする
・あちこち白く粉吹きが発生する

いずれもお肌の「バリア機能」が悪化して発生するトラブル。

活発になる時期は化粧もできなくて、基礎化粧品さえも痛みがあって塗装することが不可能です。

皮膚科で診てもらって、お薬をもらうことが重要です。

花粉皮膚炎・肌荒れを対策する方法

アレルギー症状が影響を及ぼして花粉皮膚炎・肌トラブルを発症している方ならば、対策は非常に簡単ではない状況。

例えるなら、より保湿力の高いコスメに換えてみると良いですよ!

こうした「攻めの行動」がかえって不調の危うさを伴いながらいくからです。

花粉の時期、お肌が弱っている場合は攻めの行動は起こさず、良くないケースでは皮膚科で治療を受け、身体の内側からお肌の抵抗力をアップする対策をやっていくことが重要だと思います。

症状がひどいときは皮膚科に行こう

赤みが出てヒリヒリ痛む状況にまで悪化している場合は皮膚科で診てもらって下さい。

お肌に低刺激で効果が見られるクリーム代わりになるお薬を出して貰うことができます。

ひどい時はステロイド系のお薬も処方してもらうくらい。先生のアドバイスを聞き、適正量を塗布して治癒を待ちた方が良いでしょう。

敏感肌ラインの基礎化粧品を変更

花粉皮膚炎というのはバリア機能が悪くなり、お肌の表面の膜が異常を起こした状況。

これまで大丈夫だろうと思った基礎化粧品の成分もヒリヒリ刺激が発生するケースも。

こういった場合では保湿力の高いコスメを利用するより、低刺激な敏感肌ラインに換えてまめに潤い対策した方が圧倒的に良いんです

「赤ちゃんでも使える」ほど影響が少ない基礎化粧品に切り替えしてください。

新しく買うケースでは必ず「トライアルサイズ」を。

1週間用、2週間用を購入して沁みずに保湿対策可能なら、1ヶ月用を購入した方が良いでしょう。

この敏感肌コスメというのは花粉時季だけ使うもの、多くを取り揃えるのは困難ですが、オールインワンゲルやマルチバームならば1個で済み財布にもダメージを与えない上、塗るのも1回ですからお肌に対しての刺激を最低限に減少させられますね。

メイクを最低限に

化粧もお肌の刺激の可能性もあります。

花粉シーズンの敏感肌は摩擦に弱い上、化粧品の成分もヒリヒリすることになる場合も。

今の季節はファンデーションも兼ねたオールインワンゲルにミネラルパウダーのみにしたいものです。

日焼けが気にかかる人は低刺激日焼け止めをオールインワンゲルの直後にご利用して下さい。

洗顔しない

お肌のバリア機能が落ち込んだ状態のもとで、よく落ちるクレンジング料というのは確実にダメ。

そうでなくても皮脂が少なくなってしまっているお肌を手の打ちようがないな結果にしてしまうのです。

石鹸さえも沁みる場合は、洗顔を中止してしまうか、ぬるま湯だけの洗顔にしてください。

化粧品もお湯だけを使って落とせるものにすると良いと思いますね。

肌のターンオーバーを促す食事と睡眠

花粉シーズンの弱ったお肌というのは、安眠で労りた方が良いでしょう。

お肌のゴールデンタイムにばっちり眠りについて生まれ変わりをフォローしてやると同時に、お肌がうれしい食べ物を。

ビタミンB群というのは代謝サイクルをよい状態にしてくれるし、ビタミンC・Eというのは弱ったお肌をバックアップしてくれることでしょう。

お肌の生まれ変わりについてはビタミンH(ビオチン)。

ご飯で摂り入れることが困難である人は健康補助食品も適切だと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

うんざりする花粉皮膚炎や肌トラブルというのは、悪化する前に皮膚科の医師に相談なさってください。

それを踏まえて日々の生活面でもきちんとお肌をサポートしたほうが良いでしょう。