目の周辺の乾燥、心配じゃありませんか?

目の周辺というのはこれ以外の部分とは異なり皮膚が薄く皮脂腺が多くないので、とりわけ乾燥しがちなパーツ。

何気ない乾燥と放ったらかしにしておくと、小ジワが発生する原因になるだけじゃなくて、赤みやかゆみなどトラブルの原因に!目の周りの乾燥をストップさせるやり方を書いてみました。

目の周りが乾燥しやすいのはなぜ?

目の辺りの皮膚というのは、顔のほかの場所に比べると皮膚の厚さが4分の1くらいしかないです

皮脂腺や汗腺もあまり無くて、お肌のバリア機能が貧弱なので、水分が逃げやすく弾力性をキープしにくいパーツになります。

さらに、1分で15回もせわしなく行なうまばたきや、眼球の働き、笑いジワだったり表情筋の動きで、めまぐるしく伸び縮みするのも乾燥の要因になってるのです。

更には目をこすったり、簡単に落ちないマスカラといったアイメイクをキレイにするときの摩擦も、バリア機能をさらに低下させてしまうのです。

メイクしてから時間がたつとシワっぽくなる

化粧下地が筋という形でヨレちゃうのは、乾燥により化粧の密着度がひ弱で、皮膚の動きについていけなくなっているからなのです。

ほんとうはの保湿が足りないこと以外に、乾燥した室内がこれを悪化させていることが想定されます。

デスクの上で加湿器を活用するだったり、身の回り半径1メートルのみでも湿度を高める対策法がピッタリです。

赤くなってかゆみがある

季節の代わり目や、花粉やホコリといったアレルゲン物質が飛び散るとかゆみに見舞われることが起きます。

これは皮膚のバリア機能が疲弊している裏付

こすらずに潤い対策をきちんと行って、目元専用クリームというようなもので皮脂膜の代わりをつくってやると正常化するケースがあります。

変わらないようでしたら我慢しないで皮膚科医に相談してください。

ヒリヒリして化粧品がしみる

コスメ全体に言えることですけど、塗布してヒリヒリ痛むということはお肌の質にしっくりこないことが考えられます。

お肌に刺激を感じさせやすいアルコールやビタミンCだったりが入っているタイプを回避し、低刺激のコスメをセレクトしてください

普通は丁度いい化粧品が急にしみるようになれば、お肌のバリア機能がダウンしてるのです。

「赤くなってかゆみがある」場合と一緒ケアがオススメです。

目尻のカラスの足跡

「拭く」ということが目の辺りの乾燥が現れる可能性もあります。

本来は涙の量の多い方や、目をゴシゴシする癖がある方、目薬をしょっちゅう利用している人というのは小ジワができやすく、近いうち「カラスの足跡」といった目尻の深いシワに及ぶケースも。

さわる度数を可能であれば少なくし、ケアの時はとりわけやさしく、摩擦を起こさないようご注意ください。

目の周りの乾燥対策

目の辺りは非常に薄い皮膚ですので、さわる時は「何が何でもやさしく」が肝心だと言えます。

「時間をかけず出際よくアイメイクを落としたい」と洗浄力が強いクレンジングを利用すると、今度は油分を洗い流し過ぎてしまって、乾燥をもたらしてしまうのです。

お湯でスッと落ちるタイプのマスカラや、目元専門のクレンジングをセレクトして、力を入れないでケアできる条件を整備したいものです。

さらに、ほとんどの場合、洗顔時の「洗いすぎ」がカサつきに関与している可能性もあります

夜間に入念にメイクを落とせているなら、翌日の朝は洗顔料を用いないで、ぬるま湯洗顔のみにしてみると正常化するケースも。

「どうやっても潤いが無くなる」「小じわがここのところ増えてきて…」といった方は、積極的に「引き算のお手入れ」もトライしてみて下さい。

極力刺激の少ない保湿剤を使う

冬の季節だったり目の辺りの乾燥が悪いときは、この場面でも「引き算のお手入れ」がオススメです。

普段のコスメの利用を止めにして、その代わりワセリン(プロペト)や馬油であったり油分が多く不純物を減らした保湿剤を利用してみたらいいと思います。

バリア機能が改善されて目の辺りがもっちりすることが見受けられます。

お肌に負担が少なく、添加物が入っていないから、赤ちゃんでも使用できるくらいの安全性が高く、薬局とかで思いの外お手頃価格で手に入れられるのもうれしい注目点!

しかしながら昼の間に活用したら油分でメイク崩れしたり、紫外線で焼けやすくなったりとかすることも考えられるから、夜寝る前のケアに何かと便利です。

まとめ

目の辺りの炎症が悪く、コスメやワセリンといったセルフケアだと正常に戻らないケースがあります。

炎症を引き起こしては潜在意識で目をこすってしまう…を何回も行うと、お肌に赤黒い色素沈着が残存しているり、シワが際立ってしまうことなども。

ヒリヒリや赤みが持続する際には我慢することなく、皮膚科に足を運んで相談してください。

症状に合うように、効果的に炎症を沈めてくれ抗ヒスタミン剤やステロイド眼軟膏というものを処方してもらうことだってあります。

自宅ケアのやり方も医師に相談すると安心でしょうね。