日焼けをしてしまうとシミになってくるのはどうしてなの?シミをストップするやり方というのは?出来てしまったシミを取り去るには?日焼けとシミに関した疑問に回答します!

日焼けがシミになる原因

日焼けやシミが生じる原因にもなる強い紫外線

この紫外線においては、A波とB波が存在することを聞いたことありますか?

A波はお肌を黒くするのに対して、B波は肌を赤くするのです。このうちB波が原因で、お肌が赤くなる「サンバーン」といった症状が発生するケースがあります。

この原因はエネルギーの強力なB波に肌表面をダメージを受けることにより発生するトラブルになります。

B波というのは尚更、肌の表皮におけるメラノサイトを活性化させ、メラニン色素を生じさせます。

この色素が放出されずに残留してしまうことで、ゆくゆくは肌表面に浮かび上がって、シミやそばかす、色素沈着が引き起こされるワケです

シミについては色んなタイプがありますが、多くの場合は老人性色素斑といった老化現象や紫外線が元となってできてしまう種類のものになります。

老人性色素斑というのは日光性黒子とも言われ、早いと30歳代で、普通なら40歳経過した時に出現します。

現れた始めのうちは薄い茶色でも、歳月が経過すると濃い茶褐色となって、境界線がくっきりとしてきて隆起してくる場合も。

顔の側面や手の甲、腕の全体だったり、よく太陽の光が当たる部分にできやすいという性質があります。

シミになるのを防ぐには?

日焼けをしてしまった場合は、可能な限り早くケアをすることを意識しましょう。

当日の夜は言うまでもなく、長期的に美白ケアを行ない、お肌に対してのお手入れをして下さい。

お肌が受けたトラブルをちょっとでも軽減するようお手入れすることを続けるという意識が、シミを予防するには極めて大事です。

スキンケアは美白ラインにチェンジ

毎日行なうスキンケア化粧品につきましては、美白成分の混ざっているタイプを使用することをお勧めします。

ビタミンC誘導体が入った化粧水やクリームなどは一番ピッタリです。

毎日のように、美白成分の入ったタイプを活用することで、メラニンの出現を抑制することが不可能ではありません。

ビタミンC・E・Aを摂取する

ビタミンC・E・Aに関しては、全部強い紫外線対策法に非常に効果が期待できる栄養成分になります。

ビタミンを数多く含んでいる食事を摂取し、身体の中からフォローするということも、効率的に美肌ケアをする事が可能になります。

ビタミンサプリはもちろん、食材においておすすめできるのがトマトになります。

トマトにおいてはビタミンCはもちろんの事、EとAもたっぷりと入っています。

中くらいの大きさのものを2個摂取すると、1日に確保したいビタミンCEAのおおよそ半分をカバーできるくらいです。

ビタミンCというのは身体の中にある程度の量以上、溜めこむことが不可能なので、ビタミンCをいっぱい含む食材やサプリを利用して、常日頃からまめに補給することを意識しましょう

できてしまったシミを消すには?

できてしまったシミに関しては、お肌の新陳代謝を活発化させることによって薄めていく事が可能になります。

ターンオーバーというのは、お肌の入れ替わりを意味するフレーズになります。

新陳代謝が行われると、新旧のお肌が交代し、傷んだ古い肌やメラニンに関しては角質になって排出されるワケです。

このローテーションというのは原則的に、約28日と考えられています。

美白化粧品を継続的に使用する

老化現象と一緒に、サイクルが遅くなってしまうと言われる肌のターンオーバー。

規則正しいサイクルをキープできるように、健康に良い食べ物や7時間くらいの就寝の確保、フラストレーションを溜めない暮らしだったり、常日頃から十分考慮することを意識しましょう

血行を促進する程よい体力作りやマッサージも一押しです。

加えて、周期的なピーリングやスクラブで不要な角質をきれいにし、美白コスメを継続使用してみることも、一役買います。

即効性を求めるならレーザー治療

今話題となっているのが『フォトシルクプラス』といった施術になります。

これはメラニンに反応性の高いUPLと言われる光を当て、シミの色素を細分化するというものです。

ケアから3~7日程経過すると、作用したメラニンがカサブタように変化し、ポロリとお肌から剥がれ落ちているのです。

頻度を繰り返しいくことによってお肌に弾力性が引き起こされ、肌トーンも明るくなると思われます。

まとめ

シミを前もって予防するなら、毎日のように、美白効果を発揮する食べ物や肌のケアを取り入れ、UV対策を意識することが重要になります。

何年か後もきれいな肌をキープすることを考えれば、日々の積み重ねも決め手になります。