「加齢臭」と言われると、間違いなくオッサンの臭いだという印象があると考えますよね。

けれども、女性にも見られるのです。

もっと言うなら、ある時期には男性なんかよりも加齢臭がパワーアップする事も。

こういった加齢臭に関して、どうしたら一番いいのか対応策も合わせてお伝えしていきましょう。

女性も注意すべき加齢臭

「加齢臭」というのは、イメージできるように加齢が影響を及ぼして引き起こされる特異な臭いになります

このような臭いというのは主として汗腺と毛穴内の皮脂腺より出現しています。1つずつ見ていきたいと思います。

汗腺から出る加齢臭

汗腺においてはエクリン腺とアポクリン腺があって、エクリン腺というのは主として体温調節のために水分を外に出す働きがあって、臭うっていうのはほとんどありません。

それに比べアポクリン腺というのは毛穴に繋がっていて、毛穴内にタンパク質や脂質を生み出す役割があります。

このようなアポクリン腺は集中的に脇の下にあり、その他では耳やへそ、外陰部、肛門なんかに幾らかはある程度になります。

アポクリン腺より出た分泌物は、お肌に存在する常在菌によりニオイ物質に変わり、それこそが加齢臭となるのです

皮脂腺から出る加齢臭

頭皮から出るのはこちらです。 皮脂腺というのは毛穴内に在って、毛穴に皮脂を生み出していて、髪やお肌を保湿・キープすると言います。

皮脂の成分のひとつに9-ヘキサデセン酸といった脂肪酸が存在します。

この成分というのは10代の頃はこれっぽっちも含んでいないのですが、40歳前後から増加し、これが過酸化脂質の影響で分解されると「ノネナール」といったニオイ物質が出現するワケです。

この頃では加齢臭としてこのノネナールが噂になってるのですが、アポクリン腺からの臭いも加齢臭の仲間です

それ以外に、この2つに関しては同一の毛穴から出てくるので、とっても特徴のある臭いに変化します。

さらに、汗や皮脂を作っている食事が各自で全然異なるので、加齢臭も人それぞれに違う次第です。

頭皮が臭くなる加齢臭以外の原因

ノネナールというのは40歳前後から生み出されるニオイ物質ではありますが、それだけでなく頭皮が臭くなる要因が見られます。

ペラルゴン酸による油っぽい臭い

ペラルゴン酸も皮脂腺より生み出される皮脂が酸化反応して生まれた脂肪酸で、ニオイ物質になります。

酸化した古い油みたいな臭いがあると言われ、30代男性陣らしい臭いと言われているわけですが、一部には女性でもペラルゴン酸が引き起こされる方もいらっしゃると思われています。

とりわけ皮脂分泌量過多の20~30代の女性のケースでは、このようなこともあり得ます。

アンモニアによるツンとした臭い

アンモニアというのはタンパク質が分解した途中で発生するニオイ物質で、普通なら肝臓で無臭化した後に便という形で排泄されるのです。

ところが肝臓の機能がダウンするとアンモニア臭が残留し、これが汗なんかに一緒になって臭いを出すことだってあります。

これは疲れて肝臓の機能がダウンした時に発生しやすいので、「疲労臭」とも言われているのです。

シャンプーによる皮脂の落とし過ぎ

頭皮の皮脂においては水分の蒸発を抑制したり、紫外線から頭皮を守ったりする役割があります。

これを受け、洗浄力や脱脂力がパワフルなシャンプーで皮脂が全部消失してしまうと、皮脂腺というのは頭皮を防御しようと皮脂分泌を加速させます

そうするとこれが強い陽射しや空気に触れて酸化して、異臭になるわけです。

食生活の乱れによる脂質の摂り過ぎ

脂っこい食事やジャンクフードの多食というのは、皮脂分泌量を増加させてしまうのです。

とりわけ動物性脂肪というのは身体の中に蓄積されやすく、これが頭皮の皮脂腺からいっぱい分泌されてしまうとマラセチアといったバクテリアが増してしまうのです。

マラセチア菌というのは頭皮に棲む常在菌で、脂肪をエサにして分解し、頭皮を弱酸性にキープしてるのです。

ところが、たくさん増加すると皮脂を分解する量が増大して、遊離脂肪酸をいっぱい引き起こしてしまうようです

それが酸化することによって、異臭が引き起こされるワケです。

他にも悪化すると脂漏(しろう)性皮膚炎という形で、かゆみや炎症、大きなフケだったりを発生させ、抜け毛や薄毛が発生する原因にもなりかねません。

ストレスによる皮脂分泌量の増加

ストレスにより皮脂分泌量が増加して、これが頭皮の異臭が発生することもあり得ます。

ストレスだと感じると交感神経が活発化して、男性ホルモンの影響力が強力になります。

女の人には男性の約10分の1~5分の1くらい男性ホルモンがありますけど、この量が蓄積されてしまうことになるのです。

男性ホルモンについては皮脂の分泌量を増加させる作用があるから、頭皮の臭いも強力になりやすいワケです。

頭皮の臭い改善対策

頭皮の臭いというのは、いつまでも何回もきれいにするくらいでは取り去れません。

そればかりか、シャンプーにより頭皮が乾燥して、保護の理由から皮脂が過剰分泌されてしまって、ノネナールといったものが引き起こされてしまう可能性があります。

頭皮を温めて丁寧に洗う

ほとんどの場合、臭いが発生する原因は毛穴にふさがった皮脂になります。

奥の方まで詰まった皮脂を除去するには、頭皮をきちんと温かくして皮脂をしなやかくした方が良いでしょう。

その為に、シャンプー前の乾いた髪の時に、ブラッシングを用いて頭皮の血の巡りを円滑にした方が良いでしょう。

全力を出して何回もすると頭皮を傷付けてしまう心配があるから、そっとブラッシングしましょうね。

それから、可能ならば浴槽に浸かって体全体を温めたいものです

そうすることで頭皮の毛穴がしっかりと開き、皮脂も非常に柔らかくなっていくのです。シャワー派のケースでは、とりあえずカラダをきれいにするなどによって体全体をできる範囲で温めて下さい。

全身がきちんと温まったら、湯シャンを行ないます。お湯のみで頭皮を重点的に2~3分かけて、入念に洗います。

皮脂を排出するようなつもりで、側面から中央に向けちょっと力を入れてマッサージしてください。

それから、シャンプーを手のひらに取って、たっぷり泡を立ててから頭皮に付けます。

湯シャンの場合と一緒で、頭皮をそっとマッサージを行ないながら毛穴の皮脂を泡で包みこんで下さい。

すすぐ際は、3分ぐらい費やして洗浄成分を完璧にきれいにします

指を毛髪の内に入れて、洗い残しがないように気をつけながら実施してください。

シャンプーが終わったら迅速にタオルドライして、髪の水気を吸い取らせます。

そうして、ドライヤーで頭皮からきちんと乾かしましょう。

設定温度を低目にしてドライヤーをまめに移動して、全体が8割くらい乾燥したら冷風にチェンジします

これにより毛穴がギュッと締まって、細菌が増加しづらくなっていくのです。

まとめ

人の鼻はいつも同じニオイを嗅いでいるうちに慣れっこになってしまって、これが悪臭であると認識しなくなっていきます。

加えて、成人になると堂々と指摘してもらえる人もそう簡単にはなくて、影でヒソヒソウワサの的にされちゃう可能性があります。

恋人や旦那、こどもに言われてようやく気付いた、といった女性はことのほか少なくありません。

頭皮にニオイが見られるのは、皮脂が分泌しているのなら普通のことです。

しかしながらこれがノネナールといった悪臭であれば、どれだけ外見を着こなしても無駄になるだけです。

そのようなことに陥らないために、日頃の生活や食事を改善し、適切なシャンプー方法で加齢臭や悪臭をシャットアウトするようにしましょう。